皆さんこんにちは、「songyun.org中国語教室」というコーナーを始めました。このコーナーでは中国に関する知識や中国語の勉強方法などをご紹介いたしますので、このウェーブサイトを有効にご利用していただき、この中国語教室が皆様のお役にたちますように心より願っています。

私も日々日本語と英語を勉強していきたいと思っておりますので、今後とも、よろしくお願いいたします。

スポンサー

中国人の姓名・お名前は

    中国人には早くも5000年前から姓(苗字)がありました。昔よく使われた姓を集めた「百家姓」は北宋(西暦960)のときに書かれたもので、これには408の一字の姓と30の二字の姓合わせて438の姓が載っていました。そして今では6000にも増えていますが、実際に使われているのは1000前後です。

    中国人の姓名は、姓が前、名がうしろです。そして姓名を音標文字で表すには、姓と名を分けて書き、姓と名のそれぞれ最初の音標文字は大文字にします。姓は一字のものと二字のものがありますが、その多くが一字のもので、今のところよく使われている一字の姓は、李が一番多く、その次に、王、張、劉、陳と続きます。二字、あるいは二字以上からなる姓はとても少なく、中でも諸葛、欧陽、司馬、端木、公孫などがよくまられます。伝統的習慣に基づき。中国人は父方の姓を使い、少数の人だけが母方の姓を使っていますが、女性は結婚したあとも、姓を変えません。

    名ですが、一字もあれば、二字もあり、多くの中国人は姓名の三文字の二番目、または三番目の字を家系における長幼の順序を表すものとし、特殊な意義があるのです。

儀礼と風俗1:挨拶

    中国人の人との挨拶の交わし方は多く、相手とは面識がなかったり、あまり知らなかったりしても、よく「你好(nǐ hǎo,ニイハオ)」を声を掛け合います。初めてきたところで始めてあった人に対する挨拶には「你好」がよく使われます。また、友人の家に遊びに行き、そこに知らない人がいたら、友人はさっそくその人を紹介してくれ、それから、互いに「你好」の挨拶を交わすのです。

中国三大祭りの食品―元宵(餡入りの団子)、粽、月餅

    中国の伝統的な食俗はお祭りの中で、特に目立っている。旧正月の春節、端午節と中秋節は一年の中で最も盛大に祝う祝日である。餡の入ったお団子・元宵や粽、月餅はこの三大祭りの食品である。

旧暦のお正月―春節は一年の中で最も盛大な祝日である。旧正月の15日の元宵節に食べる元宵は旧正月の食俗のラストナンバーと言える。この日、どの家も餡の入ったお団子の元宵を食べる。しかし、南方ではこの元宵を『湯圆』と言う。南北ではその作り方も違う。

    北方では、まず、砂糖を入れたごまや落花生、小豆で作った餡子を丸くピンポンの玉のような大きさにして、少々水をつけて、もちこめの粉を入れた用具に置いて、卵より少し小さい団子に揺がして作る。現在では人々は自ら団子を作らず、店で買って食べる。北京では『稲香村』と『桂香村』という老舗の元宵は最も炉子ばれている。

    南の方では、元宵節になると多くの家では、「湯圓」と呼ぶ元宵を作る。それは北方のものと、餡子はほとんど同じだが、ただ作り方では、揺がすのではなく、皮を作って包むのだ。南の方では寧波の「湯圓」は最も喜ばれている。

    元宵にしろ、それとも「湯圓」にしろ、いずれもゆでて食べる。丸い形をしている元宵と湯圓は円満や団欒を象徴する意味がある。

ページ

スポンサー