皆さんこんにちは、「songyun.org中国語教室」というコーナーを始めました。このコーナーでは中国に関する知識や中国語の勉強方法などをご紹介いたしますので、このウェーブサイトを有効にご利用していただき、この中国語教室が皆様のお役にたちますように心より願っています。

私も日々日本語と英語を勉強していきたいと思っておりますので、今後とも、よろしくお願いいたします。

スポンサー

山西の懸空寺

  周知の通り、一般の寺は平地に建てられるが、中国北部の山西省には崖に建てられた寺があり、それが有名な懸空寺だ。懸空寺は山西省北部の大同市付近にあり。1400年前に建立されたもので、中国に一つだけ残った仏教、道教と儒教を一体化した独特の寺である。この寺は元は“玄空閣”といい、“玄”とは中国の道教の教理からでたもので、“空”は仏教の教理からきており、のちに懸空寺と改名され、寺全体が断崖に引っかかっているとうであること、また、この状態を表す“懸”と“玄”は中国語では同音であることから、この名が付いたという。

 中国の多くの建築の中で、懸空寺は非常に不思議な建築である。この寺は峡谷の小さな盆地内にあり、両側は100m以上もある絶壁で、懸空寺は崖にへばりつくように空中に引っかかっており、地上50mの地点にある。遠くから見ると、重なる殿閣を10数本の細い木が下から支えているのが見え、寺の上には大きな岩が突き出ていて、あたかも落ちてくるように見え、観光客をびくびくさせる。この懸空寺には大小40の部屋があり。楼閣は桟道でつながれ、観光客は桟道を渡るとき、落ちるのを恐れておもわず息を殺し忍び足になるが、ギシギシという音がしても懸空寺は決して落ち崩れない。

ポダラ宮の物語

  神秘な青海チベット高原に、世界で海抜が一番高く、規模が最大の宮殿式建築群がある。それは雄大で壮観なチベット仏教の宮殿式建築―ポタラ宮だ。

 ポタラ宮は西暦7世紀に、吐蕃のソンツェン・ガンポが唐の文成王女を嫁に迎えるため建てたもので、“プトロ”、或いは“プト”と訳し、元は観音菩薩が住む島とされたので、“第二の普陀羅山”とも呼ばれている。ポタラ宮はラサのポタラ山に建てられ、海抜は3700m。敷地面積は36万mで、紅宮を中央に白宮がその前に左右に向けて建造され、紅と白が混じる数層の非常に壮観な建築群である。

応県の木塔

 中国各地には一万に上る仏塔がある。中国仏教の源はインドにあるが、中国仏教の建築様式は中国の伝統的楼閣の建築特徴を取り入れ、色々な名塔が生まれた。

中国北部の山西省にある仏宮寺の釈迦塔は、通称、山西応県の木塔と呼ばれている。この塔は1056年の遼の時代から建造が始まり140年後に完了した。この木造の塔には高さ4mの土台の上に70m近くの塔が建てられ、底部の直径は30m、塔全体は3000mものチョウセンマツが使われ、重さは約3000トン。

ラマ教ゲルク派(黄教)の寺院ーー雍和宮

 北京市内には多くの特色ある多くの古代建築があるが、漢、蒙古とチベットの三つの民族の特色を共有した古代建築といえば、雍和宮だけである。

 雍和宮はな内外でも知られたチベット仏教の寺院で、その敷地面積は6万平米で一千余りの部屋がある。雍和宮は清の康煕帝が1694年にその四男胤禎のために建立した邸宅だったが、1723年に胤禎が即位して雍正帝となってからは宮殿に移ってしまい、その後は雍和宮の半分を行宮とし、残る半分をチベット仏教ゲルク派に与えゲルク派の寺院とした。

ゲルク派はラマ教の一派で、その創設者ツォンカパ(別名ロサンタクパ、1357~1419)は8歳で出家し、17歳でチベットに向かいラマ教を研究し、のちのチベットでは執政教派となり、この教派のメンバーは黄色の帽子をかぶっていたことから黄教とも称された。彼は黄教の改革に大きく貢献した。のちのダライとパンチェンはその愛弟子である。

 

西湖の物語

  中国東部の杭州にある西湖は、その美しく魅力的な景色で、古くから内外からの観光客をひきつけています。十四世紀に、イタリア人旅行家のマルコポーロが杭州に来たときに、「人がここに来れば、自分は天国のいると思い込む」と西湖を絶賛した。

西湖は中国東部の浙江省中心地の杭州市にあり、三方が山に囲まれ、湖は美しく、著名な詩人の蘇東坡と白居易の苗字を借りて命名された二本の長い堤、白堤と蘇堤は、二本の錦のグリーンリボンの如く波の上に浮き上がり、その上を歩くと、近くの色鮮やかな花々と遠の湖と山が眺められ、前に進むたびに景色が変わる楽しさを堪能できる。西湖は四季の景色が人の心を和らげてくれる。これら景色は歴代の多くの文人を陶酔させ、感動した彼らはそれぞ筆で、西湖の美しさ思う存分詠えた。唐代の著名な詩人の白居易は「杭州を離れぬわけは、半分はこの湖があるから」という意味の詩を作り、西湖に対する痴情を表した。また宋代の詩人の蘇東坡は、西湖を古代の四大美人の一人である西施に喩し、「晴れた光のなかにあるもよし、雨に煙るもまたよし。西湖を西施にたとえれば、薄化粧と厚化粧もすべてよし」と詠んでいる。西湖といえば、人々は内外に有名な「西湖十景」を思い浮かべる。それは、蘇堤春暁、曲院風荷、平湖秋月、断橋残雪、柳浪聞鴬、花港観魚、三潭印月、雷峰夕照、南屏晩鐘と双峰挿雲の十景である。

ページ

スポンサー