皆さんこんにちは、「songyun.org中国語教室」というコーナーを始めました。このコーナーでは中国に関する知識や中国語の勉強方法などをご紹介いたしますので、このウェーブサイトを有効にご利用していただき、この中国語教室が皆様のお役にたちますように心より願っています。

私も日々日本語と英語を勉強していきたいと思っておりますので、今後とも、よろしくお願いいたします。

スポンサー

中国語 フレーズ・例文を探す寿司很好吃。

寿司很好吃。

Shòusī hěn hǎochī.
お寿司はおいしいです。
“好吃”は「(食べ物が)おいしい」という意味の形容詞で、「(飲み物が)おいしい」ときは“好喝”と言います。形容詞を使って何かを描写するときは、通常「とても、たいへん」という意味の“很”を形容詞の前につけます。

你说日语说得真好!

Nǐ shuō Rìyǔ shuō de zhēn hǎo!
日本語を話すのが本当にお上手ね。
動詞に様態補語をつける場合の語順は「動詞+“得”+様態補語」ですが、動詞が目的語を伴う場合は「動詞+目的語」の後ろに「動詞+“得”+様態補語」を加える形となり、動詞を繰り返すことになります。なお、目的語の前の動詞は省略されることもよくあります。

照得真好!

中国語 フレーズ・例文を探す真羡慕你!

真羡慕你!

Zhēn xiànmù nǐ!
本当に羨ましいなあ。
“羡慕”は「羨ましがる」という意味で、“真羡慕你”で「本当にあなたのことが羨ましいなあ」という意味になります。

你想喝什么?

Nǐ xiǎng hē shénme?
あなたは何を飲みたいですか。
助動詞“想”と“要”はどちらも「~したい」という意味を表し、この文の場合は“你要喝什么?”と言い替えることができます。しかし、“想”が表すのはただの願望や希望であってそれが実現できるかどうかは関係なく、実現不可能なことにも使えるのに対し、“要”が表すのは「意志」であって、その後の動作や行為を実行しようとする場合が多いです。

那我们还会在日本见面吧?

中国語 フレーズ・例文を探す星期六我们去看电影吧。

星期六我们去看电影吧。

Xīngqī liù wǒmen qù kàn diànyǐng ba.
土曜日、映画を見に行こうよ。
曜日は、月曜から土曜までは「“星期”+一~六の数字」、日曜日は「“星期”+“日”または“天”」と言います。なお、日付の順序は日本語と同じ、年・月・日・曜日という順で言います。

我也应该多看中国电影。

Wǒ yě yīnggāi duō kàn Zhōngguó diànyǐng.
わたしももっと中国映画を見るべきだなあ。
助動詞“应该”は、動詞・動詞フレーズの前に置いて「~するべきだ」の意味を表します。「~するべきではない」と否定にするには“不应该~”と言います。

三个两百四十日元。

中国語 フレーズ・例文を探す我什么电影都爱看。

我什么电影都爱看。

Wǒ shénme diànyǐng dōu ài kàn.
わたしはどんな映画でも好きです。
「疑問詞+“都”+~」の形で、「何でも/誰でも/いつでも~」のように、任意のすべてを指し示す意味になります。その場合、疑問詞は疑問の意味を表しません。

我查一下吧。

Wǒ chá yíxià ba.
ちょっと調べてみよう。
“查”は「調べる」、“一下”は「ちょっと」で、“查一下”で「ちょっと調べる」という意味になります。このように、動詞の後ろに“一下”をつけると、「ちょっと(~する、~してみる)」というニュアンスを表すことができます。この用法は、動詞の重ね型と似ています。

今天六月十号,星期二。

中国語 フレーズ・例文を探す你的手机号码是多少?

你的手机号码是多少?

Nǐ de shǒujī hàomǎ shì duōshao?
きみの携帯番号は何番?
主に小さな数を前提に、ある程度予想できる範囲内の数を尋ねるときに使う“几”に対して、“多少”は、どのくらいなのかを予想できない数を尋ねるときに使います。電話番号を尋ねるときは一般にこの“多少”を使います。

我回来了。

Wǒ huílai le.
ただいま。
“我回来了”は直訳すると「わたしは帰ってきた」となりますが、これが日本語の「ただいま」に当たる表現です。“回来”は「帰る」という意味の“回”に方向補語“来”がついた形で、「動詞+“来”」で「~てくる」と人・モノが話し手の方に近づいてくることを表します。

点击两下叫双击。

ページ

スポンサー