皆さんこんにちは、「songyun.org中国語教室」というコーナーを始めました。このコーナーでは中国に関する知識や中国語の勉強方法などをご紹介いたしますので、このウェーブサイトを有効にご利用していただき、この中国語教室が皆様のお役にたちますように心より願っています。

私も日々日本語と英語を勉強していきたいと思っておりますので、今後とも、よろしくお願いいたします。

スポンサー

「轅は南で轍は北」・中国の物語

 紀元前五世紀から三世紀にかけては、中国では戦国時代である。当時の中国には多くの諸侯国があり、戦争が続いているので、各国には国王に知恵を出す大勢の策士がいた。その策士たちは国王に策を献じるときは、実例を挙げた意味深い喩えを用いて、己の主張を聞き入れさせることが多い。「轅は南で轍は北」の成語も、魏の大臣である季梁が魏王に策を献じたときのことを描いている。

 戦国時代では、実力のある諸侯国たちはそれぞれ天下統一を目指す。その中で魏の国王も天下をとるべく、先に趙の首都である邯鄲を攻め落とし、趙を従属下に置こうと考えた。ちょうどこのとき魏の大臣である季梁は国外にいたが、これを知ると、いても立ってもいられなくなり急いで帰国し、着替える閑もなく、魏の王に会いに行った。

成功した神話小説--西遊記

    「西遊記」は中国古代史上最も成功した神話小説です。この小説は紀元7世紀に、中国の著名な仏教大師・唐の三蔵法師玄奘がインドに仏典を取りに行く途中、孫悟空、猪八戒、沙悟浄の三怪物を従えて、81の妖怪・怪物などを退治する物語です。

    「西遊記」の作者は呉承恩で、今の江蘇省淮安市の出身です。作者は幼いころから聡明で、書道のほか、詞や曲にも大きな興味を示し、碁も精通していたので、多芸多才な人物だと言えます。しかし、科挙の試験では何度受けても成功せず、生活や境遇は貧困を極めました。

愚公、山を移す

「愚公、山を移す」は実話ではないが、中国では誰もが知っている説話だ。これは《列子》に記載されている。《列子》は紀元前四・五世紀に列御寇という哲学者が書いた本である。

この説話はつぎのようなもの。

 むかし、愚公という老人がいて、歳は九十近くになる。彼の家の前には二つの、太行山と王屋山という二つの山がはだかっていたので、人々は、山の向うへ行くのに大きな不便を感じていた。

 ある日、愚公は家族全員を集め、「あの二つの山はわが家の門をふさいでおるので、出かけるときはいつも遠回りをしなければならない。ならばみんなで力を合わせ、あの二つの山を他に移そうと思うのだが、みんなはどう思う?」と言い出した。

 それを聞いた愚公の息子と孫たちは「その通りです。明日からやりましょう!」と同意してくれた。ところが、愚公の妻はこの二つの大きな山を移すのは無理だと思い、「もう私たちは長年このように暮らしてきたというのに、このままで生きていってもいいじゃないのかい?それに、あんな大きな二つの山少しづつ移せるとしても、その土や石をどこへと運べばいいのかい?」と反対した。この愚公の妻の言葉はみんなの議論を招き、確かにそれが問題だった。そこでみんなの意見がまとまり、山の土と石を海へ運ぶということになった。

中国語の成語と虎の威を借りる狐

 ある日、虎は腹を空かせ、獲物を探し回った。運よく、かれは一匹の狐を捕えたので食べようとした。だが狐は「お前には私は食べられないさ。私は神に派遣されてきたんだ。神は私を百獣の王に封じたのだぞ。もしお前が私を食べれば、神の意思を逆らうことになるのだぞ。」という。

 狐の言葉を聞いた虎は半信半疑、空腹を我慢しながらも、どうすればいいのか分からずにいた。この戸惑っている虎を見た狐は「ウソだと思うのか?ならば私が前を行き、お前は後からついて来るがいい。動物たちが私を見れば、きっと逃げていくだろう!」と言い放った。

 では、やって見ようと思った虎は狐に言われたとおり、その後について行ったところ、果たして、動物たちは自分たちをみて恐れをなし、四方に逃げていったのである。しかし、虎は動物たちが怖がったのは、狐ではなく、自分だったということには気づかなかったのだ。

 この成語は、真と偽は表から裏へと、一歩一歩と深く追求して区別するべきである。でないと、「虎の威を借りる狐」のようにの人に欺かれてしまうと人々に忠告している。

ページ

スポンサー