皆さんこんにちは、「songyun.org中国語教室」というコーナーを始めました。このコーナーでは中国に関する知識や中国語の勉強方法などをご紹介いたしますので、このウェーブサイトを有効にご利用していただき、この中国語教室が皆様のお役にたちますように心より願っています。

私も日々日本語と英語を勉強していきたいと思っておりますので、今後とも、よろしくお願いいたします。

スポンサー

若者婚姻の著しい変化

このほど発表された「現代中国青年人口発展状況研究報告」によると、1995年時点で中国の青年(女性含む)の未婚率は15~29歳で51.54%、15~35歳で38.23%だった。これが2000年には、15~29歳で59.17%、15~35歳で40.8%、05年には15~29歳で65.89%、15~35歳で45.71%に高まった。 青年人口における未婚率が高まっている原因は、中国が経済の急成長期にあり、生活リズムが速まり、仕事のプレッシャーが強まっているため、一部の青年が結婚を遅らせていることにある。また、社会観念の変化が著しく、一部の青年は自由を好み、できるだけ自由な独身生活を楽しみたいと考え、意図的に結婚を遅らせていることも関係がある。このほか、男性の数が女性を上回り結婚できない男性が増えたため、男性の青年人口で未婚比率が高まったことも一因となっている。

 報告によると、男性の未婚率は15~29歳で72.72%、15~35歳で51.63%だった。これは15~29歳で59.12%、15-35歳で39.88%という女性の数値より高く、男性の平均初婚年齢も女性より遅いと考えられる。

富裕層マーケット急拡大へ

マスターカード(MasterCard Worldwide)はこのほど北京で中国国内富裕層を対象にする消費状況調査報告書を発表した。富裕層(年収が2万5000~5万米ドル)や超富裕層(年収が5万米ドル以上)が2005年末に290万世帯となったと指摘しており、2015年にも850万世帯に上るとの強気な見通しも示している。05年の富裕層の可処分所得合計は180億米ドルとなり、15年では1170億米ドルに上り、経済の高成長や株高に伴って富裕層の実質所得が着実に伸びている背景に、富裕層マーケットが急拡大する傾向にあると盛り込んでいる。

中国語の音韻

中国語は音調言語である。音節の音の高低の違いが子音や母音と同じように意味を区別している。これを声調(トーン)という。例えば、「普通話」には{ma}という形態素は軽声も含めて19個もある(松岡、2001)。そこで普通話では陰平声、陽平声、上声、去声の4つの声調と軽声を用いて、ある程度意味を区別することを可能にしているのである。


陰平声(第一声) 媽(mā; お母さん) – 高く平ら
陽平声(第二声) 麻(má; 麻)– 上がり調子
上声(第三声) 馬(m?; 馬) – 低く抑える
去声(第四声) 罵(mà; 罵る) – 急激に下がる
軽声 嗎(ma; 疑問の助詞) – 抑揚はなく、高さは前の声調により変わる
 

ページ

スポンサー