皆さんこんにちは、「songyun.org中国語教室」というコーナーを始めました。このコーナーでは中国に関する知識や中国語の勉強方法などをご紹介いたしますので、このウェーブサイトを有効にご利用していただき、この中国語教室が皆様のお役にたちますように心より願っています。

私も日々日本語と英語を勉強していきたいと思っておりますので、今後とも、よろしくお願いいたします。

スポンサー

中国の民間物語・誇父、日を追う

太古の時代、北方の荒れた原野に雲に届くような高くそびえた山があり、深い森にはすごい力をもつ巨人たちがいた。彼らの首領は両耳に金色の蛇を吊るし、両手には金の蛇を握っており、その名は誇父という。したがってその一族の名も誇父族である。誇父族の人々は心が優しく、勤勉な上勇敢で、他人と争い事をせず、自由自在に暮らしていた。

中国の民間物語-女媧が人間を造る物語

 古代ギリシャの伝説では、プロメテウスが人類を造ったという。古代エジプトの伝説では、人類は神に呼ばれて生まれたとある。が、ユダヤ神話では、人類を造ったのはヤーウェであると伝えられている。では中国の古代神話のなかで人間はどのように生まれたのか?それは“女媧”という人間の体と龍の尾を持ったの女神の功である。

中国の民間物語-盤古の天地開闢の物語

伝説によると太古の時、天と地は分れず、宇宙全体は一つの大きいたまごのようだったという。その中は混沌として真っ暗で、上下左右や東南西北はまったく区別がつかないのだった。しかしこのたまごの中には一人の偉大な英雄が孕まれていた。それが天地開闢の盤古である。盤古はたまごの中で一万八千年もの間孕まれ、ついに目覚めたのである。盤古が始めて目を開けたとき、まわりは真っ暗で、息ができないほど暑苦しかった。これに彼は怒り、殻の中で、手にしていた大きな斧を力いっぱい振ったので、耳をつんざくような大きな音がして、たまごが木っ端微塵に砕け、中の軽くて澄んだものは上に昇って天となり、そして重くて濁ったもの徐々に沈んで大地となったのある。

五つの神山の物語

人類の開祖である女媧は人間を造ってから、平穏無事な日々が続いた。しかしある日、天と地が激しくぶつかり、空に大きなヒビができた。そして大地も激しく燃えはじめ、熱い炎が地心から燃え上がって森林を焼き尽くし、大水が淵の底から噴出して山を埋めた。化け物、妖怪、凶悪な獣などがこの機に乗じて残虐をつくし、人類は塗炭の苦をなめている。

尭と舜、王位を譲る

中国の長い封建王朝の歴史では、帝位は必ずその息子が継いでいた。しかし中国の神話では、最初に相次いで王位に着いたのは尭、舜と禹であり。この三人の間は血縁がない。つまい、品行と才能の兼ね備えたものが、推薦されて帝位を継いでいたのだ。

ページ

スポンサー