皆さんこんにちは、「songyun.org中国語教室」というコーナーを始めました。このコーナーでは中国に関する知識や中国語の勉強方法などをご紹介いたしますので、このウェーブサイトを有効にご利用していただき、この中国語教室が皆様のお役にたちますように心より願っています。

私も日々日本語と英語を勉強していきたいと思っておりますので、今後とも、よろしくお願いいたします。

スポンサー

中国京劇の役柄

 京劇の役柄は、大きく「生」「旦」「浄」「丑」という四つに別けられる。

また、それぞれ以下のように細かく分かれる。

「生」:「老生」(中年男性、もしくは帝王、貴族など)、「小生」(青年男子)。

「旦」:「青衣」(中年女性、普通は貴族の夫人やお嬢さん)、「武旦」(立ち回りのできる女性)、「花旦」(若い女性。召使などの女性)。

「浄」:各種のくま取りの役柄をさし、性格、人柄もしくは容貌の変わった男性。

中学校から高校に進学する試験

中国では、中学校から高校に進学する試験を「中考」という。中学校から高校への進学率は60%足らずで、高校から大学への進学率よりも低いことから、「高校入試」は最も難しい試験となっている。

高校入試は各地の教育部門によって、統一して問題を出される。試験の主な科目には、国語、外国語、数学、物理、化学などがある。試験は一般に毎年6月に行われる。

学生は高校入試でいい成績を取ると、いい高校に入学でき、更にいい大学に進学するチャンスが与えられ、最終的に明るい就職の見通しが保障される。高校入試の成績がよくなければ、高校に進学できず、低い文化水準の就職しかないという情況に直面する。そこで、多くの中国人にとって高校入試は運命を決める試験とされている。

中国の高校教育

       中国の高校教育は中学校を卒業して高校に入った教育を指している。その中には、普通高校、職業高校、中等専門学校がある。中国の高校教育は義務教育ではなく、学生は学費を払わねばならない。学費は各地の経済状況によって異なるが、現在は一般的に毎年数千元となっている。

中国伝統演劇--京劇のくま取り

     京劇のくま取りとは、役者が顔面に特殊な絵の具で彩色し、それをもって、キャラクターの性格、人柄、運命を表すことを指す。一般的に、赤のくま取りは忠勇な正義者、黒は中性で勇ましく智恵のある人、緑は同じく中性だが民間の英雄の現れで、黄色と白は凶悪で悪賢い悪役を表す、金と銀は神秘の現れで神や妖精をそれぞれ現す。 

ページ

スポンサー