皆さんこんにちは、「songyun.org中国語教室」というコーナーを始めました。このコーナーでは中国に関する知識や中国語の勉強方法などをご紹介いたしますので、このウェーブサイトを有効にご利用していただき、この中国語教室が皆様のお役にたちますように心より願っています。

私も日々日本語と英語を勉強していきたいと思っておりますので、今後とも、よろしくお願いいたします。

スポンサー

韓信の股くぐり

    紀元前2世紀の秦王朝は、中国史上初めて統一を成し遂げた封建王朝で、中国の万里の長城はこの時代に造られた。しかし、親子二代の皇帝の暴政により、秦の支配はわずか15年で終わってしまうのだ。秦の末期、各地で農民蜂起が起こり、多くの英雄が現れたが、韓信は中でも名を馳せた軍事的統帥であった。

    韓信は中国古代の著名な武将だが、彼は生まれは貧しく、幼いときに両親を失った。韓信はのちに軍事上で大きな手柄を立てる前は、商いもできず、農民もいやだったことから、貧しく見下げられる暮らしをおくり、いつも腹をすかしていた。ある日、彼は地元の小役人と知り合いになり、この小役人の家へ行っては飯を食わしてもらっていたが、韓信に反感を抱いていた小役人の妻が、食事の時間を繰り上げ、韓信が飯を食いにいったときには、飯はなくなったいたことから、怒った韓信は、この小役人と絶交してしまった。

「赤壁の戦い」の物語

    中国史上には、少数をもって大軍に勝った多くの著名な戦があったが、三国時代の「赤壁の戦い」が、中でも最も民間に広く伝わっている。なぜならこの戦いには多くの興味深い話が含まれているからである。

“四面楚歌”

   大きな困難にぶつかり、周りの不利な状況のすべてはその者の失敗を予言しているかのようなときのことを、中国語では“四面楚歌”という成語で比喩している。

   紀元前202年、中国最初の封建王朝である秦王朝が誕生した。現在の世界文化遺産である中国陜西省の始皇帝の兵馬俑はこの王朝が残した遺跡である。そしてもう一ヶ所の世界文化遺産――万里の長城も、秦王朝に始めて建設されたもだ。

   秦王朝の支配者はひたすら大きな仕事を好み、特に始皇帝は自分のために豪華な王宮や陵墓を造り、膨大な資金を費やしたので、民百姓たちは酷い搾取を受け、民間では蜂起は相次いで起こっていた。その結果、15年後に、秦王朝は滅ぼされ、そのときには項羽と劉邦がそれぞれ率いる二つの勢力が残っていた。

   もとは楚の地出身であり将軍の項羽は、気丈で傲慢な性格の持ち主であり、また戦いに長けていた。一方、劉邦は秦王朝が滅ぶ前には階級の低い官吏であり、狡猾な性格だったが、人使いはうまかった。秦王朝と戦いで、この二人は義兄弟となり、互い助け合っていたが、秦王朝が滅ぶと、二人は反目してしまった。

漢方薬

    漢方薬は漢方医が疾病を予防、診断と治療を行う時に使用される医薬品であり、それは天然薬草及びその加工品から出されており、中には、植物性薬、動物性薬、鉱物薬及び一部の化学、生物製剤が含まれている。漢方薬の発明と応用は中国で千年の歴史があるが、漢方薬という言葉の出現は遅く、西洋の医学が中国に入った後、この2つの医学を区別するために漢方薬という名称が使われた。

食療法と薬膳

中国の古代では、大自然から取った野生の薬草を特色をもつ漢方薬につくった。漢方医薬は人々の飲食と密接にかかわっている。薬は食として、食べられ、または食は薬の効果もある。それによって、食療法と薬膳が形成された。民間には「薬補は食補にしかず」と言う言葉がある。昔から食補は人々に広く親しまれてきた。

ページ

スポンサー