皆さんこんにちは、「songyun.org中国語教室」というコーナーを始めました。このコーナーでは中国に関する知識や中国語の勉強方法などをご紹介いたしますので、このウェーブサイトを有効にご利用していただき、この中国語教室が皆様のお役にたちますように心より願っています。

私も日々日本語と英語を勉強していきたいと思っておりますので、今後とも、よろしくお願いいたします。

スポンサー

五台山の伝説

中国には五台山、峨嵋山、普陀山、九華山という仏教の四大名山がある。伝説によれば、この四つの山はそれぞれ仏教の四大菩薩である文殊、普賢、観音と地蔵のそれぞれの修業の地である。したがって、各山は悠久たる仏教文化の歴史をもつと同時に、中国の観光名所ともなっている。

 五台山は中国山西省に位置し、五つの峰に囲まれていることからその名がついた。この五つ峰の頂上はいずれも平らで広く、東台、西台、南台、北台と中台で名がつけられ、これを合わせて「五台」と呼んでいる。五台山は華北地区では海抜の最高点である。

 むかし、五台山は元は五峰山と呼ばれ、ここの気候は非常に悪く、冬は滴る水が氷るほど寒く、春は大風が吹くとひどく荒れ狂い、夏は耐え難い蒸し暑さに見舞われる。おかげで地元での作物の栽培などはまったくできなかった。と、このときに文殊菩薩が伝教のためこの地にやってきた。苦しむ人々を目にした文殊菩薩は、ここの気候を変えようと決意し、東海の竜王のところに「歇竜石」という石があり、その石は乾燥した空気を湿す力を持っていると聞いた。そこで文殊菩薩は老いた和尚に姿を変え、歇竜石を手に入れるべく東海に向かった。

華麗な中国唐代の詩歌

唐代は中国史上で非常に重要な時期である。この時期は経済が繁栄し、社会が安定し、文化芸術の面で大きな成果が挙げられた。とりわけ、中国の古典詩歌の最盛期にあたり、詩歌の創作は唐代では社会の文化活動の重要な内容となり、宮廷の科挙制度も論文を書くことから詩歌を創作することに変えられた。現在まで伝わっている文学典籍「全唐詩」の中には2300人余りの5万首近くの詩が収録されている。

「詩仙」李白とその詩

李白は中国唐代の著名な詩人である。非常に自尊心が強く、誇り高い独立心の強い人格や、豪放洒脱、自由でロマン溢れる感情は唐代の知識人の特徴と風貌を十分あらわすものである。

鯀と禹の治水

  中国では、禹が治水する物語は誰もが知っているが、禹の父である鯀も人々に幸福をもたらした治水の英雄である。

 太古の時代の中国では、二十二年にわたって大水が起き、大地は海となり、五穀は水浸しなり、人々は住まいを無くして生きていけなくなり、また猛獣によく襲われるせいで、人口は激減していった。当時の王である尭はあせり、各部落の首領を集めて相談したのち、鯀に治水をさせることを決めた。

 この命を受けた鯀は、ひどい大水による災いを前に、頭を痛めた挙句、「兵が来れば将でこれを阻み、水が来れば土で塞ぐ」という俗語を思い出したので、村の周りに高い堤を築けば、大水を防ぐことができるのではないかと考えたが、この一面の水を前に、堤を築くのに必要な土や石をどこから手に入れるのかと途方にくれた。そのとき、水中から不思議な亀が現れ、「天の庭には“息壌”というシロモノがあり、それを手に入れて大地に散らせば、息壌が瞬く間に生え、すぐに山となり、堤となるだろう」と教えた。これを聞いた鯀は狂喜し、亀に別れを告げて遥か西方へと旅立った。

ページ

スポンサー