皆さんこんにちは、「songyun.org中国語教室」というコーナーを始めました。このコーナーでは中国に関する知識や中国語の勉強方法などをご紹介いたしますので、このウェーブサイトを有効にご利用していただき、この中国語教室が皆様のお役にたちますように心より願っています。

私も日々日本語と英語を勉強していきたいと思っておりますので、今後とも、よろしくお願いいたします。

スポンサー

外卖(wàimài)

デリバリーサービス。

 一般的にはファーストフードや弁当などレストランの出前サービスを指しています。

 この数年、スマホアプリを通じたデリバリーサービスが発達し、生活が便利になった一方で、ビニール袋や使い捨ての弁当箱など、パッケージによる燃えないゴミの増加が問題になっており、「外卖」のボイコットを呼びかける人も出ています。

 確かに、デリバリーと環境問題の間にまったく関係がないとはいえません。ですが、すべての人が天然素材を使い、一日三食を自炊でこなすことは理想的ではあるものの、現実に都市に生きる若者、特に独身者にとっては厳しいものです。解決の手段としては、ゴミ処理の分野での徹底的な分類の推進と、環境にやさしいパッケージ材料の開発が考えられるのではないかと思いますが、これは今後の発展を見守るしかありません。

解锁(jiěsuǒ)

解錠する、制限を解除する、また、ロックを解除する、閉じているものを開くという意味から、新しい何かが開ける、新情報が解禁されるといった意味にも転じます。

 使い方

 [例 文]画了浓妆,我的手机还能成功解锁吗?

 [参考訳]スマホのロックは厚化粧でも解除できるのだろうか。

 [例 文]汽车早就可以刷脸解锁了。

 [参考訳]自動車はとっくに顔認識でロック解除ができるようになっている。

 [例 文]通过"大数据"解锁医疗服务新模式。

 [参考訳]ビッグデータの利用で医療サービスの新たなモデルの展開が始まる。

 [例 文]来旅博会解锁更多旅游新姿势。

 [参考訳]より多くの旅行の楽しみ方を知るために観光EXPOに出かけよう。

 [例 文]上海迪士尼首次解锁着装权限。

 [参考訳]上海のディズニーランドは今回初めてドレスコードを廃止した。

面部识别(miànbù shíbié) 顔認識、顔認証

「人脸识别」とも言います。カメラが捕捉したデジタル画像から人の顔を自動的に認識し、個体を識別する機能です。画像内の人の顔と思われる部分を抜き出し、顔面画像データベースと比較することで識別を行います。

 先ごろ、アップル社から様々な新商品が発表されました。そのうち、iPhone発売10周年を記念して発表されたスマートフォン「iPhoneX」の値段の高さと顔認識機能が中国で話題になり、同時に様々なジョークやパロディ漫画などがSNSでシェアされたことで、この技術に対する注目が高まっています。

放飞自我(fàngfēi zìwǒ)

本来非常にポジティブな言い回しで、自らを束縛から解放し、本当の自分の姿を取り戻すという意味ですが、今では「自分勝手である」という意味になって、一般に理解されにくい、目を覆うような行為に対して使われます。

使い方

[例 文]家里的多肉植物放飞自我,长得变形了。

[参考訳]家の多肉植物は無茶苦茶な伸びかたをし、奇妙な形に育ってしまった。

[例 文]幽默感还是放飞自我?舞蹈家背枕头拿菜篮子走机场。

[参考訳]ユーモラスというべきか、それとも個性的というべきか、そのダンサーは枕を背負い、買い物かごを持って空港を闊歩していた。

尬聊(gàliáo)

気まずいという意味の「尴尬」という単語があるように、その語素である「尬」という字を使った単語には「気恥ずかしい」、「カッコ悪い」という意味がつきまといます。以前「尬舞(gàwǔ)」という言葉を紹介しましたが、これは見ていて気まずくなるダンスのことでした。「尬」の後ろにある「聊」は、「聊天(お喋りする)」の動詞語素で、雑談する、お喋りをするという意味で用いられています。

 インターネット時代に入り、インスタントメッセンジャーがもちいられるようになってからは、ネット上でのチャットを指す言葉としても用いられており、チャットルームはこの「聊天」に部屋のいう意味を表す語素である室内の「室」を加えて「聊天室」、グループチャットはグループや群れを表す「群」を前に加えて「群聊」と呼びます。

 さて、「尬聊」はもともとネット用語で、気まずいおしゃべりによって、雰囲気が冷めることを表します。おしゃべり自体は日常のことながら、一部の人にとってはかなり難しいことでもあります。話の通じない人とおしゃべりをしなければならない時はとても乾いた「尬聊」をするしかありません。

ページ

スポンサー