皆さんこんにちは、「songyun.org中国語教室」というコーナーを始めました。このコーナーでは中国に関する知識や中国語の勉強方法などをご紹介いたしますので、このウェーブサイトを有効にご利用していただき、この中国語教室が皆様のお役にたちますように心より願っています。

私も日々日本語と英語を勉強していきたいと思っておりますので、今後とも、よろしくお願いいたします。

スポンサー

中国語 フレーズ・例文を探す 这是谁的笔?

这是谁的笔?

Zhè shì shéi de bǐ?
これは誰のペンですか。
“谁”は「誰」という意味の疑問詞で、「“谁”+“的”+名詞」で「誰の~か」をたずねることができます。こうした疑問詞疑問文は、文末に“吗”を使う疑問文が「そうなのかどうか」をたずねるのに対し、文の中のたずねたい部分をピンポイントでたずねる文を作ります。

你喝什么?

Nǐ hē shénme?
あなたは何を飲みますか。
「主語+動詞+目的語」の目的語の部分に“什么”(何)や“哪儿”(どこ)のような疑問詞を置くと、「…は何を~しますか」「…はどこに~しますか」のように目的語の部分をたずねることができます。この疑問文では疑問詞が疑問を表すので、文末に“吗”をつけることはできません。

这些都是课本。

中国語 フレーズ・例文を探す 他明天早上出发。

他明天早上出发。

Tā míngtiān zǎoshang chūfā.
彼は明日の朝、出発します。
このフレーズの“明天早上”(明日の朝)のように、時点を表す言葉は複数重ねて使うことも可能です。また、その場合間に“的”をはさむ必要はありません。

他九点上班。

Tā jiǔ diǎn shàngbān.
彼は9時に出勤します。
このフレーズの“九点”(9時)のような、年月日や曜日、時刻などの時点を表す言葉は述語の前に置かれ、述語が「いつ」行われたのかを表現します。時点の位置は「主語と述語の間」と「主語の前」のいずれに置くことも可能ですが、主語の前に置かれるときは時点を強調していることが多いです。

今天五月五号。

中国語 フレーズ・例文を探す 你们好。

你们好。

Nǐmen hǎo.
(複数の人に)こんにちは
“你们”は「あなたたち」で、“你们好。”は2人以上、複数の人にあいさつをするときに使います。“大家好。”に比べるとフランクに使え、人数の多少にも関係なく使うことができます。

欢迎光临。

Huānyíng guānglín.
いらっしゃいませ
“欢迎”は「歓迎する」、“光临”は「ご来訪」「ご光臨」といった意味の敬語で、合わせて「ご来訪を歓迎いたします」という意味になります。デパートやレストランなどで「いらっしゃいませ」の意味でよく使われている接客用語です。

我穿这件衣服。

中国語 フレーズ・例文を探す 我喜欢看电影。

我喜欢看电影。

Wǒ xǐhuan kàn diànyǐng.
わたしは映画を見るのが好きです。
動詞“喜欢”は「…するのが好きです」という意味を表します。日本語では「映画が好きです」と言えますが、中国語では目的語の位置はこのように「動詞句(動詞+目的語)」で表現することが多くあります。

我很忙。

Wǒ hěn máng.
わたしは忙しいです。
形容詞を述語とする文の肯定形では、形容詞の前に程度を表す副詞“很”や“真”などをつけます。この“很”は辞書的には「とても」という意味ですが、形容詞述語文を成立させるための「おかざり」的な働きをしており、特に強調して発音しない限り「とても」とは訳しません。

我们去原宿。

中国語 フレーズ・例文を探す 我去看电影。

我去看电影。

Wǒ qù kàn diànyǐng.
私は映画を見に行きます
この文には“去”(行く)と“看”(見る)という2つの動詞が使われていて、“去看”で「見に行く」という意味になります。このように、1つの主語に対して2つ以上の動詞及び動詞フレーズが連続する文を「連動文」と言います。

她在日本。

Tā zài Rìběn.
彼女は日本にいます。
動詞“在”は「主語+“在”+場所」の形で、人やモノが「…にいます/あります」という所在の意味を表します。このときの主語は必ず「特定できる人やモノ」になります。

那儿没有人。

ページ

スポンサー