皆さんこんにちは、「songyun.org中国語教室」というコーナーを始めました。このコーナーでは中国に関する知識や中国語の勉強方法などをご紹介いたしますので、このウェーブサイトを有効にご利用していただき、この中国語教室が皆様のお役にたちますように心より願っています。

私も日々日本語と英語を勉強していきたいと思っておりますので、今後とも、よろしくお願いいたします。

スポンサー

打造(dǎzào)

意味

 「打造」は、作る、製造、創造の意味。

 作るのは、金や銀、アクセサリー、兵器、都市など具体的なものでもいいし、精神、文化、ブランド、システムのような抽象的なものでもいい。

 この言葉を使う場面は、日常生活ではなく、文章を書く時、作る人の決心や作る対象に対する関心度及び作る作業に与える力を強調する時などが多い。

 使い方

脱贫攻坚(tuōpín gōngjiān)

貧困脱出という難題に取り組む

 「脱贫」は貧困脱出、「攻坚」は堅塁、守りの堅いとりでを攻撃すること、

 つまり一番難しい問題に取り組むこと。

 中国は2020年(第13次五ヵ年計画の最後の年)までに、現行の基準の下で農村貧困層を貧困から脱出させるという計画がある。

 これまでの貧困扶助と違い、今回は「精准扶贫(精査した貧困扶助)」を強調している。つまり、バラマキではなく貧困人口のデータを集め、そのパターンによって、策を施す。そのためには、国家レベルの貧困開発ビッグデータ、省レベルの貧困扶助開発融資、県レベルの貧困開発資金プロジェクトの整理統合など五つのプラットフォームを整備すると共に、審査や離脱、そして、第三者による評価メカニズムを構築しなければならない。

 ただ単に貧困者に金銭の補助を与えるだけではなく、自立し、人が自ら持つ豊かになりたいという意欲を掘り出して、その努力を支援することに取り組むこと。

供给侧结构性改革(gōngjǐcè jiégòuxìng gǎigé)

供給側の構造改革

 分解すると、「供给侧」+「结构性」+「改革」、つまり、改革によって供給側の構造調整を推進すること。

 これまで、中国の企業は性能が悪かったり、使いにくいものを過剰に生産してきた。一方、消費者は、生活レベルも上がり、ネットなどで情報を容易に入手でき目が肥えてきたので、モノやサービスに対する要求が日に日に高くなっている。国内で供給されるものと求めるものの差が大きくなり、国内のものでは満足できず「爆買」や「海淘」=海外ネットショッピングなどが流行するなどの社会現象が起こった。

 今後、供給側は構造調整、意識改革を行い、市場や消費者の求め応じて、柔軟にモノやサービスを供給=提供するしくみを構築し、生産性を高めようというもの。

生肉(shēngròu)

字幕がまったく入っていない、つまり、原文のままの外国のアニメや映画、ドラマ、番組、小説などのコンテンツを最近若者は「生肉」と呼んでいる。逆に翻訳され字幕がついている、あるいは中国語に吹き替えられたもの、つまり、加工されたコンテンツは「熟肉(shóuròu)」と呼ばれる。

 この「肉」は英語の「RAW」に由来している。「RAW」には生、未加工の意味がある。RAW画像というのは、デジタルカメラなどで完成状態になっていない画像データのこと。その発音が「肉」に近いので、意味と発音の両方を取って、「生肉」になったそうだ。

页面

スポンサー