皆さんこんにちは、「songyun.org中国語教室」というコーナーを始めました。このコーナーでは中国に関する知識や中国語の勉強方法などをご紹介いたしますので、このウェーブサイトを有効にご利用していただき、この中国語教室が皆様のお役にたちますように心より願っています。

私も日々日本語と英語を勉強していきたいと思っておりますので、今後とも、よろしくお願いいたします。

スポンサー

私は彼の手紙2通受取った

◆今日の一言
私は彼の手紙2通受取った。
I've had two letters from him.

◆中国語
我已収到他的両封信
wo3 yi3 shou1dao4 ta1 de liang3 feng1 xin4 . 
ウォー イ ショゥダオ ターダ リャンフォン シン

◆単語
我=私
已=すでに(already)
収到=受取る
他的=彼の
両封信=2通の手紙

パスポートを見せてください

◆今日の一言
パスポートを見せてください。
Show me your passport, please.

◆中国語
請出示護照
qing3 chu1shi4 hu4zhao4 
チン チューシー フーザオ

◆単語
請=ください。please
出示=見せる
護照=パスポート 簡体字は手偏に戸

 私の場合、
看一看[イ尓]的護照 あなたのパスポートちょっと見せて
なんて言い方の方がよく使いますが、、、

イミグレでうっかりパスポートを出すのを忘れたら
パスポート、パスポートと言われます。

 いまだにフーザオとか言われたことはありません。

 (だったらこんな例文だすなと言われそうですが、、、)

潮州料理

潮州料理(ちょうしゅうりょうり)
中国語:潮州菜 チャオジョウツァイ 潮菜は、中華人民共和国広東省潮州市や汕頭市を中心に食べられている中華料理の中の地方料理。
タイ、シンガポール、香港などでも一般的である。

◆潮州料理概要
潮州は秦朝以降ずっと広東省に属しているが、言葉は東隣の福建省南部で話される南語の一種である潮州語という方言が使われている。
この事からも分かるように、もともと民族的、文化的には福建省南部と一体となっている地域であり、食文化も例外ではない。

潮州料理の特徴としては、乾物、魚醤、塩などを使った、うま味と塩味を持った味の煮て作る料理が多いことが挙げられる。もともとの文化、通商の中心地である潮州市は韓江で海とつながっているが、海岸線からは20kmほど内陸にあり、スルメ、干し牡蠣、魚の干物、乾燥させた浮き袋、ふかひれなどといった海産物系の乾物をよく利用してきた。これらの素材は、煮てやれば、うま味を引き出せるので、スープをはじめとして、比較的あっさりしているが素材のうま味を活かした料理に特色がある。

青菜の炒め物(炒青菜)

まず最初に『青菜の炒め物(炒青菜)』を紹介します。

◆材料(4人分)
 チンゲンサイ(青梗菜)6本
 たけのこ60グラム 
 生シイタケ3本
 長ネギ1本
 しょうが10g
 スープ大さじ2杯
 調味料
  老酒または酒大さじ1杯
  塩小さじ1/2杯
  薄口しょうゆ小さじ1杯
  こしょう少々
 ゴマ油小さじ1/2杯
 油

◆作り方
 1)チンゲンサイの根本を切りとって、縦半分に切る。
  更に、食べやすい大きさに切る。
  次に熱湯にくぐらせて、六分ぐらいに火を通す。

 2)たけのこは薄切りにする。
  生シイタケは斜めに薄切りにする。
  ねぎは4~5センチにぶつ切りにする。
  しょうがは薄切りにする。

家常豆腐

今日は家常豆腐を紹介します。
家常豆腐は麻婆豆腐と並び有名な四川省の家庭料理(四川料理)
『家常』とは家庭風の意味です。
野菜もたっぷり入って、栄養のバランスがいい料理です。

ページ

スポンサー