中日成語・ことわざ

皆さんこんにちは、「songyun.org中国語教室」というコーナーを始めました。このコーナーでは中国に関する知識や中国語の勉強方法などをご紹介いたしますので、このウェーブサイトを有効にご利用していただき、この中国語教室が皆様のお役にたちますように心より願っています。

私も日々日本語と英語を勉強していきたいと思っておりますので、今後とも、よろしくお願いいたします。

スポンサー

中日成語・ことわざ

井戸の中の蛙

 ある浅い井戸に一匹の蛙が住み着き、楽しい日々を送っていた。ある日、蛙は東海からやってきた一匹の海がめに「ここは毎日楽しいぞ!遊ぶときは柵の上を飛びまわり、休みたいのなら井戸の壁の欠けた瓦で休み、泥を踏んでも、足をとられるまで沈まないぞ。それに比べ、あの小さな虫けら、蟹とオタマジャクシなどは、まったく私には及ばないよ!それに、私はこの溝の水を独り占めにしており、飛びたいときは飛び、休みたいときは休むんだ。本当に素晴らしい!お前さんも井戸に降りてきて見物して行かないか?」と自慢した。

  そこで海がめは右足を井戸に踏み入れてようとしたが、まだ左足を入れていないというのにもう右足が挟まれてしまった。そこで海がめは井戸に降りるのはやめて、蛙に、「遥か千里といえば遠いと思うだろう?だが、それは海の広さを表せない。千仞といえば高いが、海の深さはそれでは表せない。夏の禹時代にすごい洪水で氾濫したが、海の水は少しも増えなかった。商湯時代に八年中七年は日照りに襲われたが、海の水は少しも減らなかった。永久なる海は、どんなに月日が流れても変わらず、どんなに雨が多くとも海面は高くならないんだぞ。これこそが東海に住む私の一番の楽しささ!」と海亀は言ったという。。

蛇を画いて足を添える

  古代、楚の国のある貴族が、先祖を祭ったあとの礼として手伝いにきてくれた食客たちに、一壷の酒を贈った。そこで食客たちで、「みんなで分けて飲んでは足りないので、一人が飲めば、まだ余るというもの。そこで、みんなで地面の蛇を描き、最初に描き終わったやつがこの酒を全部飲むということにしよう」と話が決まった。

やがて、一人が最初に蛇を描き終えた。そこで彼は酒を飲もうと酒壷を手にしたが、自分が一番早く描き終わったことを自慢したく、「見ろよ、私にはまた蛇に足を添える余裕があるぞ」と言って、蛇に足を画く加えた。

 と、彼が書く加え終わらないうちに、もう一人が蛇を描き終え、彼の手から酒壷を奪い取り、「もともと蛇には足がない、そうして余計なことをした!」と言って一気に酒を飲み干した。蛇に足を書き加えた食客は、自分が飲むべき酒をなくしたのである。

 この寓話は、何をしようにしても、具体的な要求と明確な目標を持ち、しっかりした意志でそれを求め、完成させるべきであり、勝利に酔うばかりでは、必ず失敗を招いてしまうと人々に教えている。

ページ

スポンサー