中国語会話基本単語

皆さんこんにちは、「songyun.org中国語教室」というコーナーを始めました。このコーナーでは中国に関する知識や中国語の勉強方法などをご紹介いたしますので、このウェーブサイトを有効にご利用していただき、この中国語教室が皆様のお役にたちますように心より願っています。

私も日々日本語と英語を勉強していきたいと思っておりますので、今後とも、よろしくお願いいたします。

スポンサー

中国語会話基本単語

网络暴力(wǎngluò bàolì) ネットいじめ

文字通りインターネット上のいじめおよび嫌がらせです。一定の人間関係、付き合いある人から、パソコンや携帯電話などのネット端末で、一方的に継続的な物理的あるいは精神的な苦痛が加えられ、被害者が深刻な苦痛を感じていることを指します。 ウェブサイトやオンライン、電子メール、携帯電話などの場で行われます。

 コメント

 近年、この网络暴力=ネットいじめは世界中で発生して問題になっています。それによって悪質な事件に発展する事例が相次いでいます。対策としてインターネットの法規制・フィルタリング規制を実施する国や地方自治体も出てきています。中国でも、特に話題になる事件の関係者や有名人などが「网络暴力」の被害者になりがちです。このほど、韓国初のアイドルユニットEXO元メンバーの鹿晗(ルハン)が「网络暴力」を受けたことが中国の大学入試の試験問題になりました。この本来の趣旨は、インターネット時代の新しいいじめに対して、いかに自分を守るかという意識を高めようということのようです。

操作(cāozuò)

意味

 1. 操作、取り扱い、取り回し、ハンドリング

 2. オペレーション

 3. 操作する、操る、操縦する

 4. 取り扱う、ハンドリングする、処理する

使い方

 事故的原因是由于操作不当。

 事故の原因は適切ではない操作によるものだ。

 =事故の原因は操作ミスだ。

 还有这种操作?

 この手もあるのか。

 =これでもいいのか。

 説明:そもそも思いがけないゲームの遊び方を評価する言い方ですが、最近では、ネット流行語になっています。理解できないことの運び方に対して疑問や驚きを表す時に使われます。

 选手神操作逆袭比赛。

 参加者の思いがけない取り組みで逆襲してコンテストで優勝した。

 =参加者が神操作で逆転優勝した

 谨防房产中介暗箱操作。

 不動産屋の裏工作に十分気を付けてください。

长臂管辖(chángbì guǎnxiá) ロング・アーム管轄権

アメリカの法律用語です。

 アメリカの法律は、連邦国家が制定した「連邦法」以外に、各州が制定した「州法」があります。その州法の中に、ロング・アーム法と呼ばれる法律があります。それは、「ある州に住んでいない人、居住していない人でも、その州と最小限度の接触(minimum contact)があれば、その人に対して、その州の裁判所の司法管轄権が及ぶ」と規定するものです。あたかも州が長い腕(long arm)を伸ばして州外の人を被告として自分の州の司法管轄内に取り込むように見えることから、このように呼ばれます。

 最近中国でこの言葉が注目されています。

 6月21日に行われた外務省の記者会見で、「アメリカ政府が朝鮮と貿易関係のある中国の会社に行動を起こすと脅かしたのか。関連の中国の会社に一方的な行動を起こすことを知らせたのか」という質問がでました。これに答えた報道官は「中国は関連国家が国内法に従って、他国に対していわゆる『长臂管辖(ローン・アム・管轄権)』を適用することに反対する」と述べました。

 これに先立ち、その5日前に、外務省の別の報道官も同じ質問に対する答えで、3回もこの言葉を使いました。

 これに対してネットの利用者からたくさんの「いいね」をもらいました。

清流(qīngliú) 泥石流(níshíliú)

意味

 「清流」は字の通り、清い水の流れで、ポジティブなニュアンスのある周りと異なる、際立つ人やもの、ことを指します。

 「泥石流」はユニークでインパクトが強い際立つものやこと、或いは人を指します。

使い方

这款软件简直就是修颜应用里的清流。

このソフトウェアこそ顔写真を修正するアプリの優れものだ。

他的直白表达方式堪称业界清流。

彼のストレートな表現の仕方は業界の清流と言える。

(彼の業界ではストレートな表現をする人はめったにいない)

小龙虾月饼被称为月饼界的泥石流。

ザリガニ月餅は月餅の中の極物だと言われている。

(変わった月餅だということ。)

这部话剧就是向莎翁致敬的"泥石流"。

この劇はシェークスピアに敬意を表す「土石流」だ。

(ユニークな手法で敬意を表すものだという意味。)

键盘侠(jiànpán xiá)

キーボードマン。ネット用語です。現実世界では臆病だが、ネットでは正義感を表す人を指します。普段は人と上手く付き合うことができないのですが、いったん、一人になり、パソコンあるいはスマホに向かうと別人になって、話が弾み、(人や社会事情などを)あれこれと品定めする人のことを言います。

 この言葉は2014年6月4日付の『人民日報』に掲載された評論に登場しました。それを各メディアが転載して、広く知られるようになったのです。

 「键盘侠」の特徴として、ネット上で自分の正義感や栄誉感を表そうとします。現実の世界では友達がほとんどいなく、人との交流も少ないので、ネット上で費やす時間が長いのが特徴です。また、コミュニケーションの力が足りないため、過激的な話をしがちです。特定の何かに反対するのではなく、個人の価値観で世界を判断しますので、正しい時もありますが、自分自身の限界によって、そもそもの目的を忘れ、他人に利用され、サイバー暴力事件の加害者になりがちです。

ページ

スポンサー