中国茶の歴史

皆さんこんにちは、「songyun.org中国語教室」というコーナーを始めました。このコーナーでは中国に関する知識や中国語の勉強方法などをご紹介いたしますので、このウェーブサイトを有効にご利用していただき、この中国語教室が皆様のお役にたちますように心より願っています。

私も日々日本語と英語を勉強していきたいと思っておりますので、今後とも、よろしくお願いいたします。

スポンサー

中国茶の歴史

北京鐘鼓楼文物保管所

元、明、清と三代にわたって北京の人たちに時を告げつづけた場所、それが鐘楼と鼓楼でした。鐘はゴーンという鐘、鼓はドン、ドン、ドンという太鼓です。今回の博物館めぐりは、この北京鐘鼓楼文物保管所、故宮の北、北海公園に近いところに建つ鐘鼓楼です。

 明の時代、1420年に建てられたといいますが、火災などもあり、今、お目にかかれるのは、1749年、清の時代に改築されたものです。

 鼓楼には一つの大太鼓と24の小太鼓がありました。昔、中国では、2時間をひとくくりにして「更」と呼びました。水時計が正確な「更」を告げると、これを聞いた太鼓の打ち手25人が、リーダーの指示のもとで太鼓をたたくのです。そして、鐘がつかれます。太鼓と鐘、合わせて108回、これら「更夫」と呼ばれる人たちで、市民に時間が伝えられたのです。複製品ですが、水時計も鼓楼には残っており、30分に1回で、太鼓の実演を見ることもできます。

 太鼓と鐘の音は、いまの前門あたりまで伝わったといいますから、まさに都のシンボルだったのでしょう。ところで「更夫」さんたち、うっかりして太鼓をたたくのを忘れたりしなかったのでしょうか。文物保管所の朱英麗さんに聞いてみたら、「記録にそんなことが残っていませんが、みんな大きな使命感を持っていたはずですよ」とのことでした。

北京皇城芸術館

北京には4つのお城の名前がつけられています。中心となるのは紫禁城、つまり故宮です。それを囲むようにして、皇城と呼ばれる地域があります。北の地安門、東の東安門、南の中華門、西の西安門に囲まれた一画です。その外側、いまで言えば北京をぐるりと回る地下鉄2号線に囲まれた部分が内城、そして前門から南の一帯が庶民が住んでいた外城です。もちろん、いまは地名として残っているものの、門そのものはほとんどが取り壊されています。

 さて、その皇城の全景をめぐり合えるのが、その名も北京皇城芸術館です。中に入ると、18世紀の清の時代の皇城が500分の1の模型で作られています。故宮の屋根はいまと同じ黄色、故宮を取り囲むように大、小の住居が並んでいます。故宮に仕える職員の住まいもあれば、医師や衣裳を作る専門家の家、或いは食糧の貯蔵庫なども並んでいます。故宮の広さは南北に2790メートル、東西に2300メートルというのも、この模型で分かりました。

 この皇城芸術館は、故宮の東側にあります。故宮から長安街を東の方向、つまり北京飯店や王府井の方向に歩き出すと、高い赤い色の塀があります。この中は、菖蒲河公園といって、水が流れる散策路になっています。この公園の中にあるのが皇城芸術館です。

北京自来水博物館

自来水。何のことだか分かりますか。自分からやってくる水、水道水のことを中国ではこう呼びます。今週はこの水道にからむ博物館、北京自来水博物館を訪ねてみましょう。

 北京市内の水道水の供給は、北京市自来水集団、いわば民間の会社が受け持っています。北京市内には10カ所、郊外には8カ所の給水所があり、このうち東直門にある給水所が最も古く、ここが博物館にもなっています。

 歴史はとても新しく、展示コーナーを整えたのが2000年、一般公開が始まったのは2002年です。はじめは北京市自来水集団の従業員教育や企業宣伝の色合いが強かったそうです。本館部分の建物はドイツ人の設計によるもので、これに中国の伝統建築の手法を取り入れています。

 さて、水道の歴史は紀元前1000年、古代オリエントからギリシャ時代にさかのぼるそうです。ただ、このころは一般家庭向けではなく、浴場など公共施設向けの給水でした。16世紀末から17世紀にかけ、ロンドンやパリで普及し、アジアに入ってきたのはそのまたずっと後でした。北京では1908年、清の末期に水道事業が始まりました。それまでは井戸水が一般的でしたから、庶民は水道水のことを「洋水」と呼んだそうです。

郭沫若記念館

北京の北海公園の北側は、四合院といわれる建物がひしめきあい、胡同の小道が入り組んでいるところです。四合院は庭を真ん中にして、東西南北に四つの部屋があり、日差しのいい東向きと南向きの部屋は、そこの主人とお客様用に使われた、中国北方の伝統ある建築様式です。

 急速に近代化が進む北京は、あちこち高層マンションだらけ。市民の方は生活は便利になり、快適な居住環境に喜んでいますが、観光でやってくる外国人は、古い北京、「老北京」の風情を懐かしんでいます。そして、いまや「胡同めぐり」が大人気で、人力三輪車で回るツアーでにぎわっています。

 郭沫若記念館は、まさにこの一角にあります。郭沫若氏は、四川省の生まれ。文学者、歴史学者、社会活動家として、近代中国史上、著名な文化人の一人です。1928年から10年間の日本留学経験もあります。本名は郭開貞ですが、「沫」と「若」は故郷の川の流れを懐かしんで、なんと日本時代につけたペンネームだったそうです。

中華世紀壇世界芸術館

北京には「壇」と名付けられたところがたくさんあります。天壇公園、日壇公園などは、いまでもたくさんの観光客を引きつけています。「壇」とは、皇帝が祠りごと、祭司をつかさどる場所でした。政治の安定を願い、その年の豊作を祈る特別のところでした。

 21世紀になって、新しく北京に「中華世紀壇」が作られました。「中華世紀壇・世界芸術館」と名付けられたこの施設を、今回は訪ねてみましょう。

 地下鉄1号線、軍事博物館の北側ですから、とても分かりやすいところにあります。大きな日時計が見えてきました。円形の「壇」は階段式になっていて、何やら儀式を行うにはふさわしいようです。しかし、博物館はどこにあるのでしょう。壇の周りを一周して、やっと「世界芸術館」の入り口にたどりつきました。どうして、こんな施設ができたのでしょう。 

 広報責任者の石京生さんによりますと、世紀壇は21世紀を迎えるために作られたそうです。新世紀に向けてのカウントダウンもここで行われました。展覧ホールはこれといったテーマはなく、2006年に世界芸術館と名付けられたのです。

ページ

スポンサー