中国茶の歴史

皆さんこんにちは、「songyun.org中国語教室」というコーナーを始めました。このコーナーでは中国に関する知識や中国語の勉強方法などをご紹介いたしますので、このウェーブサイトを有効にご利用していただき、この中国語教室が皆様のお役にたちますように心より願っています。

私も日々日本語と英語を勉強していきたいと思っておりますので、今後とも、よろしくお願いいたします。

スポンサー

中国茶の歴史

中国伝統演劇の黄梅劇

黄梅劇はもともと「黄梅劇」もしくは「采茶劇」と呼ばれ、18世紀末、安徽省、湖北省、江西省の隣接地帯で生まれた民間芝居である。その中の一流派が安徽省懐寧県を中心とした安慶地区に拠点を移し、地元の民間芸術と結びついた。彼らは現地の方言で歌い、独自の特徴を形成して、「懐腔」もしくは「懐調」と呼ばれた。これがつまり、今日の黄梅劇の前身である。

19世紀半ば、さらに「青陽腔」や「徽調」の影響を受け、正規の正本劇が生まれた。黄梅劇は地方劇の一つとして、徐々に世間から知られ、認可された。初期の黄梅劇は、歌と踊りを併用することが特徴で、ありのままの生活模写に力を入れ、特に決まった型はなかった。一部の芝居(例えば『天仙配』の「分別」というくだり)には立ち回りのしぐさもあったが、それは青陽腔や徽調の影響の名残であった。

当時の黄梅劇の役者は大部分が地元の農民もしくは手工業者で、服装や舞台用道具、楽器の銅鑼や太鼓も寄せ集めのもので、公演前に観衆から借用したりしていた。この段階までの黄梅劇は基本的に農村の労働者の娯楽や発散の場としての文芸にとどまっていた。

『史記』ー中国史上の偉大な歴史学の著書

「史記」は中国史上の偉大な歴史学の著書であり、紀伝体の文学著作でもあり、後世の歴史学と文学に深い影響を与えている。「史記」は紀元前1世紀の西漢に著され、中国の上古時代から西漢まで3000年にわたる政治、経済と文化の歴史を記している。「史記」は中国初の人物を中心にした紀伝体の通史であり、中国の紀伝体文学の始祖でもある。

中国漢方医の基礎理論

漢方医の基礎的理論は人体の生命活動及び病気変化などの規律をまとめた理論で、それは主に、陰陽、五行、精神の集中力、内臓の様子、経絡などの学説を含み、また、病気の原因、診断法、弁証、予防、療養などの内容を含んでいる。

陰陽は中国古代哲学の範畴に入っている概念である。人間は矛盾という現象を通じて、矛盾という現象から陰陽の概念を作ってきた。また、陰陽二極の消長関係を利用して物事の運動と変化を解釈している。漢方は陰陽の対立と統一の観点を利用して人体の上下、内外などの各器官、そして人体と自然及び社会などの外来の要素との複雑な関係を説明している。陰陽の対立と統一の相対的バランスは、人体の正常活動を維持し保証する基礎であり、陰陽の対立と統一の関係が失調或いはアンバランスしたら、人体の疾病発生をもたらし、生命の正常の活動を影響とされている。

運気説とは、五運六気とも呼ばれ、自然界の天文、気象と気候の変化が人体に健康と疾病をもたらすことを研究する学説である。五運には、木運、火運、土運、金運と水運があり、自然界の1年にある春、夏、長い夏、秋、冬という気候の循環を指す。六気とは1年中の風、寒、暑、湿、燥と火という6つの気候要素である。運気説は天文と暦法の補助変数に基づき年次気候の変化と疾病発生の規則を推測するものである。

中国京劇の歴史

京劇には200年余りの歴史がある。その由来はいくつかの古来の地方劇に遡り、中でも、とりわけ、18世紀に流行っていた中国南方の地方劇「徽班」の影響が大きい。1790年、最初の徽班が上京し、皇帝の生誕祝賀公演に参加した後、いくつもの徽班が相次いで上京した。徽班は流動性が強く、他の芝居の演目や表現方法を吸収するのに長けていた。当時から北京には数多くの地方劇が集まっていたため、上京した徽班は、他の地方劇を積極的に取り入れ、その芸術性が著しく向上された。その後、19世紀末~20世紀始め、数十年をかけて京劇が形成され、中国最大の演劇文化となった。

京劇の演目はたいへん豊富で、役者の人数もかくのごとく、劇団の数や観衆の数などのいずれも中国で一番の影響力を持つ。

京劇は「唱」(歌い)、「念」(読み上げ)、「做」(演技)、「打」(立ち回り)、「舞」(踊り)を一体に、決まった型を通して物語を展開し、人物を描写する総合的演劇芸術である。京劇の役柄は主に生(男性)、旦(女性)、浄(男性)、丑(男性も女性も兼ねる)の四つに大別される。このほか、脇役の役柄もある。

中国の伝統医学

   中国の伝統医学とは、中華民族が長年の医療、生活実践の中で絶えず蓄積し、繰り返してまとめた独特的な理論風格を備えた医学システムである。
 中国の伝統医学は、中国各民族医学の総称であり、主に、漢民族医学、チベット族医学、蒙古族医学、ウイグル族医学などの民族医学が含まれている。中国の伝統医学の中で、漢民族の人口が最も多く、文字の歴史が最も古く、そして歴史と文化も長いので、漢民族の医学が中国ないし世界での影響力が最も強いのである。十九世紀から、西洋医学が中国に伝わり、そして、その普及について、漢民族の医学が“漢方医”とも呼ばれるようになり、西洋医学と区別している。

ページ

スポンサー