中国茶の歴史

皆さんこんにちは、「songyun.org中国語教室」というコーナーを始めました。このコーナーでは中国に関する知識や中国語の勉強方法などをご紹介いたしますので、このウェーブサイトを有効にご利用していただき、この中国語教室が皆様のお役にたちますように心より願っています。

私も日々日本語と英語を勉強していきたいと思っておりますので、今後とも、よろしくお願いいたします。

スポンサー

中国茶の歴史

鄭振鐸ー中国近代的作家、文学評論家、考古学者

1949年以降、中国文物局局長、考古研究所所長、文学研究所所長、文化省次官、中国民間研究会副主席などを歴任。政治活動に携わった10年間、何度も代表団を率いて外国を訪問。1951年には、中国文化芸術代表団を率いてインドとミャンマーを訪問しました。そして1958年10月17日、アフガニスタンなどを訪問中、飛行機の墜落事故で亡くなりました。主な著作は短篇小説集「家庭の物語」、「桂公塘」、散文集「山中雑記」などです。

張元済ー近代中国の出版家

1901年に、上海で蔡培元らと共に「外交報」を創刊し、1902年に、夏瑞芳の招請で「商務印書館」に務め、翻訳所所長、経理、監修、社長などを歴任。「商務印書館」に入った当初、「最新教科書」の編集を担当しました。その教科書には「教養、国語、算数」などでした。それ以降、海外の先進的な学術思想や文学を紹介する書籍をたくさん出版しました。また、張元済は目次学、校閲学に詳しく、「四部叢書」と「二十四史」など大型古代書籍を出版し、その学術価値は各方面から好評を博しました。張元済は「教育の発達」を商務印書館の経営方針としているので、数十年間、格調の低い出版物を一冊も出さなかったのです。また、彼が開設した商務翻訳所の資料室・「涵芬楼」は1926年に東方図書館として拡大され、また一般公開しました。そこに古代書籍、地方の正式な歴史書及び様々な図書が所蔵されており、豊富さから見れば、当時の私立図書館でトップとなっています。

新中国成立後、第一期全国政治協商会議の議員、第1期と第2期全国人民代表大会の代表、上海市文史研究館館長などを歴任。1959年8月病気で上海で亡くなり、享年93歳でした。

張元済(1867ー1959)は近代中国の出版家です。出身は浙江海塩で、1867年10月広東省広州に生まれました。

馬寅初ー近代中国の教育家、経済学者

新中国成立後、中央人民政府委員兼政務院財政委員会の副主任委員、華東軍政委員会の副主席、浙江大学、北京大学の学長、中国科学院哲学社会科学部の委員を歴任。50年代、計画出産政策を実施し、人口の素質の高めるのを中心とする「新人口論」と総合的かつ比率均衡で経済を発展させる理論を発表して、批判されました。そして、1960年、北京大学学長を辞めました。1979年に、名誉が回復され、北京大学名誉学長、中国人口学会名誉会長となりました。主な著作は「馬寅初講演集」、「馬寅初経済論文集」、「経済学概論」、「戦時経済論文集」、「新人口論」などです。

1916年以降は、北京大学の教授、教務長を歴任。「五・四運動」に参加しました。

その後、浙江振興銀行や中国銀行の顧問を兼任。1927年、浙江省政府委員、国民党政府立法院委員、立法院経済委員会委員長、財政委員会委員長、中央大学、交通大学教授となりました。抗日戦争期間中、重慶大学教授兼商学院の院長を担当し、国民党の経済政策を批判したことで監禁されました。抗日戦争の勝利後、中華商工専門学校の教師として、愛国の民主運動に参加しました。 

蔡元培 中国近代の民主革命家、教育家、科学者

蔡元培は20世紀初期の中国資本主義教育制度の創設者です。彼は国民教育や実利主義教育を急務とし、道徳教育を中心とする資産階級の新しい教育体制を初歩的に作りました。北京大学の学長を担任した期間、学術の自由や「科学と民主」を主張しました。

郭沫若は中国近代の詩人、歴史学者、劇作家、古文字学者

1928年から日本に住み、中国古代史と古文字学の研究に打ち込みつつ、若者達の日本留学と中国文芸界の革命文学活動を積極的に支持。抗日戦争勃発後は中国に帰り、"抗日救亡運動"に加わりました。中国共産党の指導の下で《救亡日報》を編集し、その間、軍事委員会政治部第三庁長、文化工作委員会主任を歴任しました。そして国民党統治区の進歩文化人と団結して、抗日宣伝工作を展開しました。この時期、多くの史劇と詩を著し、国民党統治の暗黒面を明るみにして、人民を励ましました。

抗日戦争勝利後は、民主運動の最前線に立ち、国民党と真っ向から対立する闘争へと進みました。1948年東北解放区に赴き、その後、1949年2月に北京へ。

新中国建国後、継続して著作に従事し、多くの詩、歴史、考古著作を発表しました。同時に政府や科学文化教育、国際交流等において、指導的立場を担い、中央人民政府委員、政務院副総理兼文化教育委員会主任、中国科学院院長、中国科学院哲学社会科学部主任、歴史研究所第一所所長、中国科技大学校長等の職を歴任。さらに、中共九,十、十一期中央委員、第一期から第五期までの全国人大副委員長、第二,三,五期全国政協副主席に選ばれました。

ページ

スポンサー