皆さんこんにちは、「songyun.org中国語教室」というコーナーを始めました。このコーナーでは中国に関する知識や中国語の勉強方法などをご紹介いたしますので、このウェーブサイトを有効にご利用していただき、この中国語教室が皆様のお役にたちますように心より願っています。

私も日々日本語と英語を勉強していきたいと思っておりますので、今後とも、よろしくお願いいたします。

スポンサー

若者婚姻の著しい変化

このほど発表された「現代中国青年人口発展状況研究報告」によると、1995年時点で中国の青年(女性含む)の未婚率は15~29歳で51.54%、15~35歳で38.23%だった。これが2000年には、15~29歳で59.17%、15~35歳で40.8%、05年には15~29歳で65.89%、15~35歳で45.71%に高まった。 青年人口における未婚率が高まっている原因は、中国が経済の急成長期にあり、生活リズムが速まり、仕事のプレッシャーが強まっているため、一部の青年が結婚を遅らせていることにある。また、社会観念の変化が著しく、一部の青年は自由を好み、できるだけ自由な独身生活を楽しみたいと考え、意図的に結婚を遅らせていることも関係がある。このほか、男性の数が女性を上回り結婚できない男性が増えたため、男性の青年人口で未婚比率が高まったことも一因となっている。
 報告によると、男性の未婚率は15~29歳で72.72%、15~35歳で51.63%だった。これは15~29歳で59.12%、15-35歳で39.88%という女性の数値より高く、男性の平均初婚年齢も女性より遅いと考えられる。

「小皇帝」の悲しみ-中国青少年身体能力ここ20年で低下の傾向

中国が1985年以降4回にわたり実施している全国青少年体質健康調査の結果、中国の青少年の身体能力が低下傾向にあることが分かった。中国教育部体育衛生・芸術教育司の楊貴仁司長の分析によると、青少年の体力低下の原因は主に▽エレベータや自動車に乗り、力仕事が少ないという現代的生活様式▽教育が進学率重視に偏り、勉強の時間が長く、体育の時間が短くなっている――という2つが挙げられる。 調査結果によると、学生の身長・体重・胸囲など体格面の発育と栄養状態の改善は引き続き上昇カーブを描いているものの、持久力・敏捷性・瞬発力など身体能力資質は下降の一途だった。 7~22才都市部男子の標準体重オーバーと肥満の割合は13・25%に11・39%。肥満が最も顕著なのは北京で、平均5人に1人が肥満児という結果が出た。都市部男子女子では過体重27%・肥満15・9%(男女平均で21・7%)に達し、西洋先進諸国以上に深刻な状況だ。小学生男子の肥満率は1990年代初めのアメリカ白人児童に匹敵する高さである。

過熱する幼児教育

家族総動員体制で臨む育児、過熱する早期教育競争、子供に対する過度の期待と苛立ち――家に子供がいることは本来楽しいことだ。しかし、若い両親のなかには、子供に対する心配の余り、緊張状態に陥ってしまう人もいる。

4000年歴史の「春節」

「春節」は中国本土のみならず、香港・台湾・世界中の中華街でにぎやかにお祝いされる中国のお正月、「春節」。チャイニーズニューイヤーという呼び方で、中国語圏の外でもかなりメジャーな存在になってきった。

古蜀王国

古蜀王国三星堆は中国四川省成都市から30㎞広漢市にある。成都市と30キロ離れた広漢市に発掘された三星堆遺跡。最初発見したのは1931年だったが、学者たちの数十年の努力によって、今遺跡の面積は12km2、そのうち古城城址の面積は3km2と判断された。1986年には大量の金器、青銅器、玉器、陶器、象牙など文物が発掘され、世界的な話題となった。これらの文物は、揚子江流域に高度に発達した文明があったことを物語っています。 年代は3500年前と推定されています。現在の世界史の教科書には世界に四つの古代文明が あったと記述されています。つまり、エジプト文明、メソポタミア文明、インダス文明、 黄河文明です。三星堆遺跡はこれらの文明に匹敵する文明なのです。世界史の教科書を 五大文明に書き換える事になるかもしれないと、考古学者は興奮しています。

ページ

スポンサー