中国の餃子

皆さんこんにちは、「songyun.org中国語教室」というコーナーを始めました。このコーナーでは中国に関する知識や中国語の勉強方法などをご紹介いたしますので、このウェーブサイトを有効にご利用していただき、この中国語教室が皆様のお役にたちますように心より願っています。

私も日々日本語と英語を勉強していきたいと思っておりますので、今後とも、よろしくお願いいたします。

スポンサー
餃子は中国文化の一部分であると言っても言い過ぎはない。中国の伝統的な食品として、家族が一緒に食べると団欒を象徴するが、それでお客さんを招待すると歓迎の意を表す。中国を訪れた外国人には、餃子を食べなかった人がほとんどいないことだ。
 
餃子は小麦の粉で作った薄い皮に野菜と肉の具を包んで作ったものである。過去、餃子は祝日の食べ物として、特に大晦日の夜、各地の家の食卓にも欠かせないものだ。
 
餃子の作り方と言えば、その餡子は様々だが、野菜や肉、生姜、ねぎをみじん切りにして、調味料の塩、醤油、サラダ油或いはごま油などを入れて、良くかき混ぜる。
 
その皮の作り方は、小麦粉に水を入れて、粘り強く捻って、暫くおいとく。なじませる。そしてピンポンの玉より少し小さく均等にちぎり、、麺棒で均一に薄くて丸く伸ばして、具を入れて包む。その形は、ほとんど三日月のようにする。出来たら、鍋にたっふりと水を注いで火をつけ、沸いたら餃子を入れて、ふたをかけ、水が再び沸いたら冷水を少し加える。こうした調子で二、三回繰り返す。そして、餃子が浮き上がたら上げる。注意する必要があるのは餃子を鍋の底にくっつけないようにするため、鍋に入れた後、お玉で少し一、二回軽くかき混ぜることである。
 
現在、都市部では人々が自分で餃子を作ることは少なくなっているが、ほとんど店から冷凍の餃子を買って食べるか或いはレストランへ行って食べる。農村部でも、家族が一緒に楽しく集まって餃子を作る習慣が薄くなってしまったようだ。
Forums: 
スポンサー