whenisさんのブログ

皆さんこんにちは、「songyun.org中国語教室」というコーナーを始めました。このコーナーでは中国に関する知識や中国語の勉強方法などをご紹介いたしますので、このウェーブサイトを有効にご利用していただき、この中国語教室が皆様のお役にたちますように心より願っています。

私も日々日本語と英語を勉強していきたいと思っておりますので、今後とも、よろしくお願いいたします。

スポンサー

羡慕嫉妒恨(xiàn mù jì dù hèn)

意味

 「羡慕」は羨ましい、「嫉妒」は嫉妬、ジェラシー、「恨」は恨む。3つの言葉は程度が少しずつ深くなり、表現の効果が強化されている。このような修飾法によって、不満な感情が深くて強く、自制できなくなりそうな状態を明らかで強烈な感情表現ができるほか、誇張の効果もある。

 この表現は最初、北京出身の女性作家趙趙の小説に登場し、マスコミで初めて引用されたのは2009年だった。その後、張芸謀(チャン・イーモー)監督のコメディ映画や有名な漫才師の漫才、人気婚活番組などにも登場し、広く知られるようになった。

 使い方

担当(dān dāng)

意味

 一定の事柄を受け持つこと。

 名詞化:責任感 例:有担当 (責任感がある)

 日本語の使い方:一定の事柄を受け持つ人 例:销售担当(営業担当)

 今、中国で「担当精神」を提唱している。その意味は一定の事柄を、責任を持って受け持つこと。

 使い方

共享经济(gòng xiǎng jīng jì) 共有経済

「共享经济」は「分享(fēn xiǎng)经济」とも言い、日本では、共有経済、シェアリング・エコノミー。商品、サービス、データなどのリソース及び人間の才能や経験などの資源を他人と共有する経済モデルを指す。この概念は1978年に取り上げらたが、最近のインターネットの普及によって、時間と距離などの制限を乗り越え、今まで分散していたリソースを集められるようになった。

 日常では、「拼车(相乗り)カーシェアリング」や「众筹(クラウドファンディング)」、また、無料ソフトウェアやウィキペディアのような誰でも書き込めるオンライン辞書などはこの1つである。

 中国では、この「共享经济」の発展が速く、「中国共有経済発展報告2016」によると、2015年、中国の共有経済の市場規模は約1兆9500万元(約32兆円)で、参加人数は5億人を超えたと発表された。

神回复(shén huífù) 思いもよらないコメント、神アンサー

意味

 「神」は中国語で色々な意味があります。ここでは、不思議な、珍しい、そして、非凡な、賢い、利口なの意味になります。「回复」は返答、返事、コメントの意味です。「神回复」は絶妙なアンサー、答え、神アンサーなどといったところでしょうか。ネット利用者の中で、その意味はすでに返答や答えの範囲を超えています。つまり、その「回复」は質問や質問する人に限らず、ある問題や現象について、思いもよらないコメント、あるいは、気の向くままに冗談を言って、相手を笑わせ、余韻を残すような素晴らしい効果があるコメントの意味になります

 たとえば、「眠れない時、何を考えているの」に対して、「眠りたい」との答えは「神回复」になります。もう1つ例を挙げましょう。患者の「先生、最近よく耳元で音がするような気がしますが、耳鳴りでしょうか」との質問に対して、医者の「もう鈴のイヤリングをやめましょう」との答えも「神回复」です。

使い方

替身演员(tìshēn yǎnyuán) スタントマン

   「替身」は替え玉、身替わりの意味、「演员」は役者、俳優です。

 「替身演员」はスタントマンのことです。女性もいるのでマンだけではないので、スタントパーソンとも言います。さまざまなスタントをこなす人のことです。主に映像作品、舞台やイベントなどで、高度かつ危険なシーンを専門に演じる人を指します。

 これまで、「替身演员」は危険なシーンや難しいアクション、また、楽器の演奏など特別な技術が必要な場面を撮影する際、役者の替わりに出演する人でした。

また、近年のドラマが長くなったこととも関係があります。これまで、20回のドラマの撮影期間は3カ月ほどでした。今のドラマは50回前後が普通です。しかし、撮影期間はそれほど長くなっていません。そのために、1つのドラマをいくつかのグループで同時に撮影し、一人の主役に3人から5人の「替身演员」につくのはよくあることだそうです。

 実は業界の人でもこのようなやり方は映像作品にも若手俳優自身にもよくないことはわかっています。しかし、俳優の人気が出たら短期間でたくさん儲けようと思うマネージメント会社、そして、お気に入りの俳優の作品ならレベルや内容、質に関係なく何でもお金を出すファンにはかなわないのが現状です。

ページ

スポンサー